いのちの木「おばあちゃんの編み物会社」設立に向けた「商品開発」プロジェクト

コミュニティカフェ「いのちの木」に集うおばあちゃんたちが運営する編み物会社設立に向けて、目玉となる第1弾オリジナル商品を開発したい。

プロジェクトの課題カテゴリー

高齢者, 社会インフラ
  •   LOCAL GOOD YOKOHAMAに投稿するにはログインして下さい

支援状況

支援期間終了、締切済み
142%
目標金額
450,000
最低必要金額
300,000
達成金額
426,800
募集終了まで
0
支援者
51
続きを見る

スキルと物品の募集

スキル・物品
  • 商品開発にご協力いただけるデザイナーさん、マーケッターの方を募集します。

    12月から2月にかけて、新商品の商品企画ワークショップを複数回行っていきます。そのワークショップにご参加いただき、おばあちゃんたちと一緒に商品開発にご協力いただけるデザイナーの方、バイヤーの方、マーケッターの方など募集します。

    協力する
  • おばあちゃんの編み物会社のウェブサイト作成のご相談を出来る人を募集します。

    おばあちゃんの編み物会社のウェブサイトを作成を検討しています。サイト制作、システム開発:ウェブサイト制作・デザインなどウェブ関連に詳しい方、お力を貸していただけたら嬉しいです。

    協力する
  • 毛糸の寄贈をお待ちしています。

    商品開発のため、毛糸の寄贈をお待ちしています。毛糸の状態をチェックする必要があるため、直接いのちの木にお持ち込みいただける方に限らせていただきます。

    協力する
  • 手芸素材を供給してくださるメーカーさんとのお取引をお願いいたします。

    商品の継続作成のために、毛糸メーカーさんとのお取引をお願いできればと願っています。

    協力する
全てのニーズを見る

お礼・公共リターン

お礼
続きを見る

プロジェクトオーナー

岩永 敏朗

岩永 敏朗
NPO法人五つのパン理事。訪問介護「五つのパン」、障がい者作業所兼コミュニティカフェ「マローンおばさんの部屋」、高齢者のセーフティネット推進事業としてものづくり継承とカフェ業態を兼ねる「いのちの木」の運営を都筑区仲町台でおこなっている。会社勤めをしていたころ視覚障がいの青年と出会い、働くことの厳しさや社会の偏見に苦しんでいることを知る。3年後、会社を辞め、早朝はファミレスで、昼間は高齢者施設でアルバイトをし、身体障がい者のグループホームで夜勤をしながら、様々な現場を経験する。2002年6月、五つのパンを設立。2009年9月、絵本とカフェをテーマにした精神障がい者の地域活動支援センター「マローンおばさんの部屋」をスタートする。2011年、東日本大震災の影響で困難を抱える高齢者が地域にいることがわかる。かねてから高齢者や職人から技術を継承することにより、障がい者や若い世代が生活の糧となることを考えており、そのアイデアを生かして2011年度横浜市セーフティーネットモデル事業の募集に応募、採用された。2012年1月、高齢者のセーフティネット推進事業としてものづくり継承とカフェ業態を兼ねる「いのちの木」をオープン。2012年4月からは自主運営となり継続維持する為に、試行錯誤を繰り返す。
少子高齢化のなかで税金が少なくなる反面、市民の福祉に対するニーズが年々増していることを体感する。特に、福祉制度に当てはまらないが生活にリスクがある人々が増えていることを知り、市民が市民を支える為の仕組みの模索を始め現在に至る。
地域
〒224-0041 横浜市都筑区仲町台1-24-17 フォートレスニイヤ1F
メッセージを送信する
メッセージを送信する
プロフィールを見る

プロジェクト評価